2020年07月05日

COVID-19 千葉県、東京都 一週間ごとの感染者数(6月6日〜7月3日)

昨日に引き続き、新型コロナウイルスの一週間ごとの感染者数を地図にしました。期間は6月6日〜7月3日、範囲は千葉県、東京都市部、区部の感染の報告があった自治体を示しています。

まずは千葉から。
1週間ごと感染者数、千葉県、6月6日〜7月3日

地図はクリックすると拡大されます。

先週(6月26日)までの28日間報告のなかった市原市、君津市などで新たな感染例の報告がありましたが、東京に近い自治体での報告が多い傾向は先週と変わりないように見えます。

次は東京市部です。
1週間ごと感染者数、東京都市部、6月6日〜7月3日

地図はクリックすると拡大されます。

先週は青梅市、あきる野市での新たな報告はなく、それより都心に近い自治体での報告があったようです。

最後に東京23区です。
1週間ごと感染者数、東京都区部、6月6日〜7月3日

地図はクリックすると拡大されます。

一見円が小さく報告が少ないように見えてしまいますが、千葉や東京市部の地図とは凡例で示した円に対する人数の値が一ケタ違う点にご注意ください。ここ一週間ですべての区で新たな報告がありました。練馬区、豊島区のように先週一週間の感染者数がその前3週間の感染者数を超えている区もあるようです。

東京都全体の7月4日時点での入院者数、自宅or宿泊療養者数、入院調整中の方の合計は712人です。

厚生労働省の発表した「新型コロナウイルス感染症患者の療養状況、病床数等に関する調査結果(7月1日0時時点)」で、東京都が確保済みの病床数は3300床、宿泊施設受入可能室数は2865室です。

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症患者の療養状況、病床数等に関する調査結果(7月1日0時時点)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000646554.pdf

一方で7月1日前後にあった報道では「都が病床3000床確保の準備を医療機関に要請した」とあります。
(例えば、日テレニュース24 東京都、医療機関の病床3000床確保へ
https://www.news24.jp/articles/2020/07/01/07670130.html

(#こういうニュースのソースは都のHPには載っていないものなのだろうか…)

厚労省に報告している確保済みの病床数は、都が「確保してほしい」というお願いを医療機関にすると、空けてもらえるということで話がついている病床数、ということなのかもしれません。確かに3000床を空けておく余裕はないですよね…。

数字だけ追っていると中身を読み違えて、間違ったことを言ってしまいそうで怖いです。気をつけなければ。
タグ:Tokyo Chiba COVID-19
posted by たかはし at 12:51| Comment(0) | maps

2020年07月04日

COVID-19 神奈川県、埼玉県 新型コロナウイルス 一週間ごとの感染者数(7月3日現在)

新型コロナウイルスの一週間ごとの感染者数を地図にしました。7月3日金曜日までに報告された人数を対象にしています。

これまで一都三県でまとめて記事になっていたものと同じ種類の地図になります。実は県によって居住地別人数の公表のタイミングが違うので、できた地図からUPすることにしました。

まずは神奈川県から。
1週間ごと感染者数、神奈川県、6月6日〜7月3日

地図をクリックすると拡大されます。

先週と少し様子が変わり、県の中央から東京に接する北〜東側にかけて感染例の報告があったようです。

地図中で最も大きな円は横浜市中区の円になります。横浜市では6月30日に接待を伴う飲食店での集団感染が報告されており、この影響「かも」しれません。

横浜市記者発表 
新型コロナウイルス感染症による新たな市内の患者確認について
6月30日
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/kenko/2020/0630covid-19.files/0001_20200630.pdf

次は埼玉県です。感染者が報告されていない西側は地図から省いてあります。
1週間ごと感染者数、埼玉県、6月6日〜7月3日

地図をクリックすると拡大されます。

埼玉県の入院者数は先週が49人、今週は103人、入院調整中を含めると129人となっています。一週間でほぼ倍です。

厚労省発表の「新型コロナウイルス感染症患者の療養状況、病床数等に関する調査結果(7月1日0時時点)」によれば、埼玉県が用意している入院患者受入病床数は602床、宿泊施設受入可能室数は1055室です。

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症患者の療養状況、病床数等に関する調査結果
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000646554.pdf

まだ病床数等余裕があることになります。最近では早ければ二週間ほどで退院するケースもあり、軽症の方ばかりなら回っていくのかもしれません。が、最初は軽症でも重症にならない保証なんてどこにもないですし、病床などの準備を想定するのが難しそうです。

陽性が確認された方々がご快癒されますように。
posted by たかはし at 17:17| Comment(0) | maps

2020年06月28日

COVID-19 一都三県 新型コロナウイルス感染者数(6月26日現在)

まだ落ち着かなそうな東京とその近辺の状況を確認したくて、地図を作ってみました。いろいろな自治体から公表されている退院の状況などを見てみて、総感染者数より最近感染が確認された人数の方がより現状が確認できるような気がしています。で、今回は5月30日から一週間ごとに人数を集計して地図にしました。

まずは東京、区部のみの地図です。
1週間ごと感染者数、東京区部、5月30日〜6月26日

地図をクリックすると拡大されます。


地図上の円グラフでは、緑がこの地図の中では一番昔の5月30日から6月5日に報告された人数を、そこから一週間ごとに黄緑、オレンジ、赤で人数を示しています。最近報告されるほど暖色系の色になっています。

んー、パッと見オレンジや赤が目立つ区が多いでしょうか。例外もありますが、6月前半より後半の方が報告数が多いようですね。

背景のブルーグレーは濃くなるほど10万人あたりの感染者数が多くなることを示しています。円グラフが大きすぎて背景の色がよく見えないですが、新宿区が最も濃くなっています。

次は東京の市部です。感染者が報告されていない部分は除いて拡大しています。
1週間ごと感染者数、東京市部、5月30日〜6月26日

地図をクリックすると拡大されます。

地図中、最も円が大きいのは小金井市です。病院でのクラスタが報道されていましたが、図中の円グラフでは緑が最も多く落ち着いてきているのかなと感じます。

なお、10万人あたり感染者数による塗りつぶしですが、この記事中の地図で色は共通していますが、示している数値はそれぞれで違っています。凡例の数字をご確認ください。

さて次は千葉県です。こちらも感染者が報告されていない部分は除いて拡大しています。
1週間ごと感染者数、千葉県、5月30日〜6月26日

地図をクリックすると拡大されます。


千葉は東京と接する自治体で、ここ1週間の報告が多いようです。これもちょっと見えにくいんですが、浦安市では10万人あたりの感染者数も千葉の中では多いようです。

最近の報告が多めなのがちょっと気になりますが、(千葉の西側と接する)東京の区部とはもう全然円の大きさは違います。これも凡例をご確認ください。(千葉の10人に対する円の大きさが東京区部では85人にあたります。)

さて次は神奈川県です。
1週間ごと感染者数、神奈川県、5月30日〜6月26日

地図をクリックすると拡大されます。


神奈川は千葉県で見られたような東京に接する地域で感染者が多い、という傾向は見られません。川崎市、横浜市、藤沢市、厚木市、相模原市、伊勢原市などからここ一週間の報告があったようです。10万人あたりの感染者数と合わせて見ると、厚木市がちょっと他とは違いそうに感じます。

最後は埼玉県です。感染者が報告されていない部分は除いて拡大しています。
1週間ごと感染者数、埼玉県、5月30日〜6月26日

地図をクリックすると拡大されます。


埼玉では東京に接する自治体を中心に、県中央部などでの最近の報告が多いようです。地図を作って赤い部分が多いのでちょっと驚きました。

全体として、どの都県でも円グラフの赤い部分、つまり最近の報告が増えているように感じました。

陽性が確認されたみなさまがご快癒されますように。

※それぞれの地図には地図化されていない数値があります。例えば東京発表で「都外」居住の人数や、「調査中」の人数は地図化されていません。
posted by たかはし at 15:34| Comment(0) | maps

2020年06月23日

COVID-19 第2波への備えは? 受入確保病床数/想定病床数(6月17日時点)

厚労省の「新型コロナウイルス感染症患者の療養状況、病床数等に関する調査結果(6月17日0時時点)」の情報を元に、地図を作りました。

厚生労働省 療養状況、病床数等に関する調査について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00023.html

このページの6月17日0時時点のPDFを参照しています。

地図にしたのは、「ピーク時に新型コロナウイルス感染症患者が利用する病床として、各都道府県が医療機関と調整を行い、確保している病床数」を「ピーク時に新型コロナウイルス感染症患者が利用する病床として、各都道府県が見込んでいる(想定している)病床数」で割った数値です。つまり、各自治体が必要だと思っている病床数の何パーセントが確保できているかを示しています。

Number of beds, 17 June

(図はクリックすると拡大されます。)

半数以上の自治体が8割以上病床を確保している一方で、2割以下しか確保できていない県もあるようです。2割に満たない県では、患者さんが増えたらベッドを使わせてもらえるような約束を自治体と病院との間でしているとか、想定数が実はちょっと過大とかだといいのですが。

あるいは、病院のベッドを抑えるのは難しいけど宿泊施設は確保してあるということだとよいのですが。

こちらは重症者用の病床数についての地図です。

Number of beds for critically ill patients, 17 June

(図はクリックすると拡大されます。)

先ほどよりは濃い青の自治体が多く、重症患者向けの病床の確保は進んでいるようです。

重症者用のベッドの様子を示した地図で赤やオレンジになっているところは他県のヘルプが必要になるのかな?それは今回参照した情報だけではわからないのですが、例えばICUのベッド数とかが分かれば、第2波への医療体制の堅牢さ・脆弱さのようなものがもう少しはっきりわかるかもしれないですね。
#ベッドの確保が進んでいないだけなのか、そもそもベッド&病床維持に関わるスタッフが足りないのか。

今回、手作業でイラストっぽい日本地図を作ってみました。やっぱりこういう地図はデザインのセンスと技術がある人が作った方が美しいですね…。なんか、素人の手作り感満載です…。
posted by たかはし at 15:28| Comment(0) | maps

2020年06月21日

COVID-19 一都三県 新型コロナウイルス感染者数(6月19日現在)

もう新規の患者さんも少ないから地図は必要ないかな、と思いつつ、久しぶりに一都三県の感染者数の地図を作りました。ここ一週間に限定しても患者さんが少なく地図で分布を確認するまでもないので、5月までの総数とそれ以降の一週間ごとの人数が(うっすら)わかるような地図にしました。

円グラフが地図に乗っかった状態なので一都三県をくっつけるとわかりにくく、それぞれの都県ごとの地図にしてあります。配色などはすべての地図で共通です(ので、県の中での違いはわかりにくいかもしれない)。

まずは東京。島嶼部と感染者の報告がない奥多摩町などは省いています。

Total cases per week from May, Tokyo


(これからお見せする他県の地図と違って、東京の地図では合計人数によって円の大きさが変化しない、固定サイズの地図にしました。次に挙げる総感染者数の円の大きさで、それぞれの円グラフを描くと他の県の地図と同様の地図になります。)

東京では5月の中旬(13日前後)に調査中だった数百人の調査が終わりそれぞれの市区町村の感染者数が一気に増えるタイミングがあります。この週(円グラフの黄緑色)の人数の増加は、感染者数+調査済みの人数の増加を示していますので、ご注意を。

あと東京では、積極的にPCR検査を進めている地域が一部にあると聞いています(夜の街対策?)。陽性が見つかった経緯が他の県とは違うケースも含まれている可能性がある点にもご注意ください。

赤やオレンジ色が円グラフに表れている市区町村ほど最近感染者が報告されたことを示しているのですが、新宿区などの都心部以外でもちらほらと感染が報告されているようです。落ち着いてはきたけれど、他県と比べるとまだ多いかもしれません。

ちなみに、総感染者数の地図はこちら。
Total confirmed cases in Tokyo


お次は埼玉県です。

Total cases per week from May, Saitama


さいたま市や川口市など県の南側で最近も報告が若干あるようですが、東京を見た後だと大丈夫かななんて思ってしまいます。

次は千葉県。

Total cases per week from May, Chiba


ちょっとだけ赤い色が出ているのは船橋市でしょうか。大昔だけど船橋でよく遊んだなー。収まるといいなぁ。

最後に神奈川県です。

Total cases per week from May, Kanagawa


県の東側、東京に接しているあたり(川崎市)で赤い部分が見られます。その他に県の真ん中から南にかけての、厚木、海老名、藤沢のあたりでも赤い部分があるようです。ただ円の大きさ自体は小さめなので、そんなに感染者数が多いわけでもないようです。例えば厚木市だと、ここ一週間で2人、その前の一週間で2人、という数字です。

一都三県を通して見て、東京の一部を除いてはだいぶ落ち着いてきたのかなと感じました。ただ、報告がないからといって感染が抑えられたとも限らないようですので、地道に三密回避&マスクで人にうつさない努力を続けていくのかなと思います。

現在陽性が確認されている方がご快癒されますように。
posted by たかはし at 19:01| Comment(0) | maps