2020年05月03日

一都三県 新型コロナウイルス1週間の感染者数 (4月25日〜5月1日時点)

ここ1週間の市区町村ごと、新型コロナウイルスの感染者数の地図です。

Number of cases around Tokyo


5月1日時点の以下の数値は地図化されていません。
千葉県:居住地が県外の51人、非公表の1人
東京都:居住地が都外134人、調査中527人
埼玉県:居住地が埼玉県の3人、県外28人、調査中6人、不明1人、川口市外9人
神奈川県:県発表分横浜市の11人、川崎市の1人、その他3人、横浜市発表分の横浜市外26人、川崎市発表分の川崎市外17人

4月24日時点では以下が地図化されていません。
千葉県:居住地が県外の51人、非公表の1人
東京都:居住地が都外の110人、調査中の440人(うち永寿総合病院での集団感染193人)
埼玉県:居住地が県外の26人、埼玉県の2人、調査中の7人、(川口市発表分と思われる)川口市外の7人
神奈川県:県発表分横浜市の11人、川崎市の1人、その他3人、横浜市発表分の横浜市外14人、川崎市発表分の川崎市外16人

東京は5月1日時点で調査中が500人を超えています。同じ5月1日で、最も数値が高いのは世田谷区の393人で、これより調査中の人数の方が多いことになります。このような「地図にできていない数値」がある点にご注意ください。

ここ一週間の感染者数の数値は、5月1日時点の感染者累計数から4月24日時点の累計数を引くことで求めています。この値は、24日の時点では調査中だった人が5月1日時点ではどこかの市区町村に割り当てられた分も含まれていると考えられます。よってこの値は純粋な感染者数の増加を示していないのですが、公にされている資料からではここまでが限界かなと思っています。

こちらは、上の地図を人口10万人あたりに計算しなおしたものです。
Number of cases per 100,000 population around Tokyo from 24 Apr. to 1 May


人口10万にあたりのここ一週間の感染者数の平均値は約2.8でした。地図でいうとおおよそ青っぽいところが平均付近かそれ以下、ということになります。エメラルドグリーンは平均をちょっと上回っているところになります。

オレンジかそれ以上のところは人口が少ない場合もあります。一応、人口推計の地図も載せておきますので、見比べていただければ。
Population projections 1st March, 2020


ちょっとずつでも収束しますように。
タグ:COVID-19
posted by たかはし at 15:55| Comment(0) | maps