2020年12月10日

COVID-19 東京都 市区町村ごと新規患者数および現在患者数(12月9日発表分)

12月9日(水)東京都発表分の新型コロナウイルス感染症新規患者、市区町村ごとの数です。
市区町村ごと新規患者数12月9日東京地図をクリックすると地図画像単独で表示されます。


こちらは現在の患者さん数です。
現在患者数、東京、12月9日地図をクリックすると地図画像単独で表示されます。


現在患者さん数は前日より+155でした。

東京都福祉保健局の発表に、都外に住んでいる人が都内の検査機関に郵送して陽性が判明した数が掲載されていました。今日の発表では23人だったようです。

それと少し前(11月27日)の記事で、都議会議員さんの「検査キャパが限界に近い」というツイートを紹介しました。で、少し調べてみたのですが、今日(12月10日)のモニタリング会議の報告では「現在、PCR検査については、最大3万7千件/日の検査能力を確保している。」との記載がありました。

ツイートがあった付近(11月26日)のモニタリング会議資料では「PCR検査については、最大2万5千件/日の検査能力を確保している」とのことでした。

11月26日の検査実施件数は参考値ですが7047件ということで、上限という感じは数字からはしません。んー、退院時の検査とかコロナ以外で入院する人のスクリーニング検査もすべて含めて最大○件の検査能力、ということなのか。それとも、検査能力はあるけれど、そこにつなげるまでの事務処理、連絡等々がおっついていないということなのか。それとも私の考えの及ばない何かがあるのか、わかりませんでした。

しかしツイートのあった11月末と比較して現在はPCR検査能力が増強されたようなので、また数字に変化が出てくるのかもしれません。

(そもそも検査キャパが限界だから陽性数が頭打ち、という話も私はいまいち理解できていないのです。検査数が同じでも感染した人が増えて陽性率が上がってくる可能性もありそうだけど、それはあんまり起こらないという前提なのでしょうか…。)

東京都福祉保健局ホームページ 最新のモニタリング項目の分析・総括コメントについて
(4)検査陽性率(PCR・抗原)の専門家によるコメント(PDF:732KB)
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/monitoring.files/1210komento4.pdf

東京都福祉保健局 (第21回)東京都新型コロナウイルス感染症モニタリング会議資料(令和2年11月26日)
03 専門家によるモニタリングコメント・意見 (PDF 1.1MB)
C検査の陽性率(PCR・抗原)
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/012/324/21kai/202011263.pdf

東京都防災ホームページ (第1103報)新型コロナウイルスに関連した患者の発生について
(PCR検査数が掲載されています)
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/012/352/20201129.pdf

陽性が確認されたみなさまがご快癒されますように。
タグ:Tokyo COVID-19
posted by たかはし at 21:04| Comment(0) | maps