2021年07月12日

COVID-19 東京都 市区町村ごと新規患者数(7月11日発表分)

7月11日(日)東京都発表分の新型コロナウイルス感染症新規患者、市区町村ごとの数です。

新規患者数、7月11日、東京地図をクリックすると地図画像単独で表示されます。


陽性が確認されたみなさまがご快癒されますように。
タグ:Tokyo COVID-19
posted by たかはし at 16:58| Comment(0) | maps

COVID-19 一都三県一週間ごと陽性者数(6月12日〜7月9日)

ツイッターで多摩地域ではあんまり増えていないけど、周りの県でちょっと増えてるかも…、というようなコメントをしたんですが、確かめてみました。



で、地図ですが6月12日(神奈川は6月11日)から1週間ごとの報告数を10万人あたり人数で示してみました。神奈川だけ1日ずれている点注意してください。

1週間ごと陽性者数、一都三県地図をクリックすると単独で表示されます。

1週間ごと陽性者数、一都三県地図をクリックすると単独で表示されます。

1週間ごと陽性者数、一都三県地図をクリックすると単独で表示されます。

1週間ごと陽性者数、一都三県地図をクリックすると単独で表示されます。


この「しみ出し」なんですが、昨年の終わりごろ尾身先生が「都市部から周辺に感染がしみ出している」とご発言されたことがあったんです。

東京新聞 2020年12月21日 19時51分
尾身会長「急所押さえて」飲食時のコロナ対策の徹底呼び掛け 東京、首都圏の沈静化が全国的な抑制の鍵
https://www.tokyo-np.co.jp/article/75775

(このご発言は今回地図にした範囲外にも注目されていたのだと想像しますが、今回は一都三県の地図を確認したいと思います。データとってないし。)

その頃の地図がこちら。
1週間ごと陽性者数、一都三県地図をクリックすると単独で表示されます。


δが増えてる、ワクチン接種は進んでいるなどこの時とは条件が違うとは思います。でも今回が最後の波になってほしいです。

あ、ちなみに配色は気象庁の「1気象庁ホームページにおける気象情報の配色に関する設定指針」を参考にさせてもらいました。

気象庁ホームページにおける気象情報の配色に関する設定指針
https://www.jma.go.jp/jma/kishou/info/colorguide/HPColorGuide_202007.pdf

これの紫外線情報の配色から何色かをピックアップして使っています。こういうのも参考資料として地図と一緒に載せたほうがよいのかな。

あとこれと同様の地図は厚労省のアドバイザリーボードの会議資料中にもあります。(この資料ではHER-SYSのデータを使っていて、ここで公開している地図は都や県が発表している情報を使っているのでちょっと様子は違うと思います。)

直近の資料はこちら。

第42回新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード(令和3年7月7日)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00256.html

この中の資料3−2 鈴木先生提出資料の15ページ目ぐらいから地図があります。
posted by たかはし at 12:07| Comment(0) | maps