2020年06月28日

COVID-19 一都三県 新型コロナウイルス感染者数(6月26日現在)

まだ落ち着かなそうな東京とその近辺の状況を確認したくて、地図を作ってみました。いろいろな自治体から公表されている退院の状況などを見てみて、総感染者数より最近感染が確認された人数の方がより現状が確認できるような気がしています。で、今回は5月30日から一週間ごとに人数を集計して地図にしました。

まずは東京、区部のみの地図です。
1週間ごと感染者数、東京区部、5月30日〜6月26日

地図をクリックすると拡大されます。


地図上の円グラフでは、緑がこの地図の中では一番昔の5月30日から6月5日に報告された人数を、そこから一週間ごとに黄緑、オレンジ、赤で人数を示しています。最近報告されるほど暖色系の色になっています。

んー、パッと見オレンジや赤が目立つ区が多いでしょうか。例外もありますが、6月前半より後半の方が報告数が多いようですね。

背景のブルーグレーは濃くなるほど10万人あたりの感染者数が多くなることを示しています。円グラフが大きすぎて背景の色がよく見えないですが、新宿区が最も濃くなっています。

次は東京の市部です。感染者が報告されていない部分は除いて拡大しています。
1週間ごと感染者数、東京市部、5月30日〜6月26日

地図をクリックすると拡大されます。

地図中、最も円が大きいのは小金井市です。病院でのクラスタが報道されていましたが、図中の円グラフでは緑が最も多く落ち着いてきているのかなと感じます。

なお、10万人あたり感染者数による塗りつぶしですが、この記事中の地図で色は共通していますが、示している数値はそれぞれで違っています。凡例の数字をご確認ください。

さて次は千葉県です。こちらも感染者が報告されていない部分は除いて拡大しています。
1週間ごと感染者数、千葉県、5月30日〜6月26日

地図をクリックすると拡大されます。


千葉は東京と接する自治体で、ここ1週間の報告が多いようです。これもちょっと見えにくいんですが、浦安市では10万人あたりの感染者数も千葉の中では多いようです。

最近の報告が多めなのがちょっと気になりますが、(千葉の西側と接する)東京の区部とはもう全然円の大きさは違います。これも凡例をご確認ください。(千葉の10人に対する円の大きさが東京区部では85人にあたります。)

さて次は神奈川県です。
1週間ごと感染者数、神奈川県、5月30日〜6月26日

地図をクリックすると拡大されます。


神奈川は千葉県で見られたような東京に接する地域で感染者が多い、という傾向は見られません。川崎市、横浜市、藤沢市、厚木市、相模原市、伊勢原市などからここ一週間の報告があったようです。10万人あたりの感染者数と合わせて見ると、厚木市がちょっと他とは違いそうに感じます。

最後は埼玉県です。感染者が報告されていない部分は除いて拡大しています。
1週間ごと感染者数、埼玉県、5月30日〜6月26日

地図をクリックすると拡大されます。


埼玉では東京に接する自治体を中心に、県中央部などでの最近の報告が多いようです。地図を作って赤い部分が多いのでちょっと驚きました。

全体として、どの都県でも円グラフの赤い部分、つまり最近の報告が増えているように感じました。

陽性が確認されたみなさまがご快癒されますように。

※それぞれの地図には地図化されていない数値があります。例えば東京発表で「都外」居住の人数や、「調査中」の人数は地図化されていません。
posted by たかはし at 15:34| Comment(0) | maps
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: